LEARNie(ラーニー)プレゼンテーションスキルが学べる

小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)でプレゼンテーションスキルが学べる
MENU

LEARNie(ラーニー)で英語のプレゼンテーションスキルが学べる

LEARNie(ラーニー)では、

 

アクティブラーニングを取り入れています。

 

 

LEARNie(ラーニー)で学べるスキルには

 

  • プレゼンテーションスキル
  • ディベートスキル
  • ディスカッションスキル

 

 

があります。

 

 

ここでは、プレゼンテーションスキルに焦点を当ててみます。

 

 

プレゼンテーションと聞くと
どんなことを思い浮かべますか?

 

 

ビジネスマンが何かを提案するところ?
営業先で新商品の発表?

 

 

 

プレゼンテーションスキルは
ビジネスには欠かせないスキルです。

 

 

ですが、

 

自分の意見を魅力的に相手に伝えるという日常生活でも役立つスキルでもあるんです。

 

もっとシンプルにいえば
プレゼンテーションスキルとは自分の意見を人前で堂々と伝えること。

 

 

 

あなたはプレゼンテーションスキルがありますか?

 

 

 

これが苦手な日本人は多いですね。

 

 

実は、プレゼンテーションが”苦手”ではなくて、
場数をこなしていないので、慣れていないだけなんです。

 

 

極端な話、
私たち日本人が学校生活においてプレゼンテーションスキルを学ぶ機会は
ほとんどなかったのではないでしょうか?

 

 

海外の子供は3歳でプレゼンテーションスキルを学ぶ

英語のプレゼンテーション

 

英語圏では、
幼稚園児の頃から人前で自分の意見を発表する練習をします。

 

 

3歳児でも、
自分のことを幼稚園のクラスメートの前で発表する機会が用意されます。

 

 

3歳から小学2年生くらいまでは、
幼稚園や学校で毎週決まった曜日に”New”や”Show and Tell”の時間があり、

 

自分のお気に入りのおもちゃや本、
週末に行った場所、ホリデーで訪れた場所などについて
数分間の発表をします。

 

 

3〜5歳くらいまでは1〜2分、
それがだんだん長くなり小学2年生では5分くらいを目安に

 

 

クラスメートの目を見て、
堂々と、大きな声で話すことを求められます。
そのときのボディラングエージまでチェックされながら、
声の大きさ、目線の配り方などをこの年齢にして学んでいくのです。

 

 

小学2年生になると
このニュースの時間には、
USBにパワーポイントで作った資料を用意して
クラスメートに発表する生徒もいるんですよ。

 

 

ビジネスマン顔負けですよね。

 

 

 

このプレゼンテーションスキルを基礎にして、
小学3年生くらいからディベートスキルを練習し始めます。

 

 

 

このプレゼンテーションスキルが
LEARNie(ラーニー)では学べるんです!!

 

 

LEARNie(ラーニー)の授業では最後に発表の時間が用意されています。

 

 

LEARNie(ラーニー)のレッスン内容

 

 

 

小学生から世界で使える英語のプレゼンテーションスキルを身に着けるなら
LEARNie(ラーニー)です。

 

 

【TOPページへ】

 

 

関連ページ

LEARNie(ラーニー)のバイリンガル講師
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のバイリンガル講師について
LEARNie(ラーニー)の担任制のメリット
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)担任制のメリットについて
LEARNieラーニーのグループレッスンのメリット・デメリット
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のグループレッスンのメリット・デメリットについて
LEARNie(ラーニー)のアクティブラーニングって何?
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のアクティブラーニングについて
LEARNie(ラーニー)で英語のディベートスキルが学べる
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)でディベートスキルが学べる
LEARNie(ラーニー)のレッスンの進行の仕方
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のレッスンの進行の仕方について
このページの先頭へ