LEARNie(ラーニー)のレッスンの進行の仕方

小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のレッスンの進行の仕方について
MENU

LEARNie(ラーニー)のレッスンの進行の仕方

LEARNie(ラーニー)のレッスンは60分間のレッスンが週1回。

 

週1回じゃ少ないかな?と思うかもしれませんが
60分のレッスンってなかなか長いです。

 

 

これが週2だったらちょっと子供も大変かなと感じます。

 

 

LEARNie(ラーニー)のレッスン内容なら週1の60分レッスンでちょうどいいです。

 

 

 

 

60分のレッスンはどんな感じで進むかというと

 

LEARNie(ラーニー)のレッスン内容

 

 

1レッスンがいくつかのアクティビティに分かれています。
大きく分けて5つですね。

 

 

  • ウォームアップ
  • インプット
  • ゲーム形式アクティビティ・アクティブラーニング形式グループワーク
  • 発表
  • 振り返り

 

 

1つのアクティビティが10分でも50分。
60分のレッスンはあっという間に終わってしまいます。

 

 

ウォームアップでは先週の復習や1週間の近況報告などをさらっとします。

 

インプットは今日のテーマを学ぶ。
ゲーム形式で知識の定着。

 

この2つが授業のメインですね。

 

発表で自分の意見を英語にする機会があり、
最後に振り返りで講師がまとめておしまいです。

 

 

課題が出る場合もあります。

 

 

60分の英会話レッスンは長すぎない?

書いている女の子、小学生

 

 

あっという間に終わってしまったというのが正直な感想。

 

小学3年生の息子も、

 

もう終わり??

 

 

というくらい充実した時間が過ごせました。

 

 

 

 

外国人講師とのオンライン英会話レッスンって
”沈黙”が気まずかったりしませんか?

 

 

LEARNie(ラーニー)の講師は日本人がほとんどなので
気まずい沈黙になる前に
先生が助け舟を出してくれます。

 

 

生徒が何が分からなくて困っているかを察知できるので
レッスンがスムーズに進むと感じました。

 

 

常に誰かが話している時間があり、
時間の流れが速く感じます。

 

 

 

LEARNie(ラーニー)のレッスンは、
ノートとペンを用意して!と言われるときがあるのですが
実際に英語を書くってすごくいい経験!

 

 

 

英語を読めるのと、話せるのと、書けるのは全然違う!
スペルってどうだっけ? と言う場合も
先生に日本語で聞けるので低学年のうちは助かりますよ。

 

 

 

グループレッスンということもあり、
みんながそれぞれ発表などをしていると60分はすぐに終わってしまいます。

 

 

 

私自身も苦手な外国人講師とのロールプレイレッスンでは
小学生が英語を習得するのは難しいと思うのは、
子供が自分の頭と手を使って英語で考える時間が得られないからかなという
気づきを得ましたね。

 

 

親がそばで見ていても60分間はまったく長く感じませんでした。

 

 

【TOPページへ】

 


関連ページ

LEARNie(ラーニー)のバイリンガル講師
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のバイリンガル講師について
LEARNie(ラーニー)の担任制のメリット
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)担任制のメリットについて
LEARNieラーニーのグループレッスンのメリット・デメリット
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のグループレッスンのメリット・デメリットについて
LEARNie(ラーニー)のアクティブラーニングって何?
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のアクティブラーニングについて
LEARNieラーニーはプレゼンテーションスキルが学べる
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)でプレゼンテーションスキルが学べる
LEARNie(ラーニー)で英語のディベートスキルが学べる
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)でディベートスキルが学べる
このページの先頭へ