海外在住の子供のLEARNie(ラーニー)利用

小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)の海外在住の子供の利用について
MENU

LEARNie(ラーニー)は海外在住でも利用できる?

海外在住の小学生

小学生向けオンライン英会話のLEARNie(ラーニー)は

 

海外在住の小学生でも利用可能です。

 

 

 

海外在住の小学生がLEARNie(ラーニー)を利用する場合の注意点は、

 

 

  • レッスン時間は日本時間なので在住国との時差
  • 支払い方法がクレジットカードまたは銀行振り込みのみ
  • 登録する電話番号が海外の携帯電話などになってしまう

 

 

レッスンの時間は日本時間なので
たとえば、オーストラリアだと、

 

20時からのレッスンであればオーストラリアは21時から、
サマータイム期間中は日本との時差が2時間になるので
22時からのレッスンになってしまう。

 

 

アメリカやヨーロッパなどだと
もっと時差があるのでレッスンの時間帯によっては難しいかもしれませんね。

 

 

 

支払い方法に関しては、
海外在住だと日本の銀行振り込みよりも
クレジットカードの利用の方が便利です。

 

 

最初にLEARNie(ラーニー)に申し込むときに
ZOOMの接続が悪いときなどに
先生が電話をかけてくる場合があるので
つながる電話番号を登録してくださいとありましたが、

 

海外の携帯番号だと国際電話料金が高額です。
ここはちょっと不便かなと思いました。

 

 

 

LEARNie(ラーニー)では
教材も必要ありませんし、
レッスン受講に関しては海外在住がネックになることはありませんね。

 

 


英語圏の海外在住の小学生がLEARNie(ラーニー)で英語を学ぶメリット

海外在住の小学生が
LEARNie(ラーニー)で英語を学ぶメリットといえば、

 

 

日本語と英語の意味が一致させられるということ。
英語力だけでなく、日本語力も伸びます。

 

 

 

 

これはどういうことかというと
英語圏に暮らしている子供であれば、
英語はネイティブスピーカーですが、
海外に暮らしながら日本語力をつけていくのは実はかなり難しいです。

 

 

英語の意味はわかるけど
それを日本語にすることができない。

 

 

 

LEARNie(ラーニー)では、
バイリンガル講師が英語を日本語で説明しながら教えてくれるので
英語の例文に対する日本語の意味を一緒に学ぶことができます。

 

 

 

つまり、日本語のボキャブラリーもどんどん増えていき
英語と日本語の意味が一致していくんです。

 

 

同時に日本語の概念も学ぶことができますね。

 

 

 

 

 

非英語圏の海外在住の小学生がLEARNie(ラーニー)で英語を学ぶメリット

海外の国の国旗

非英語圏、たとえば

 

  • 韓国、中国などのアジア、
  • イタリア、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ
  • メキシコなど南米
 

 

など

 

 

マレーシアやインドネシアなど英語を学ぶことができる国でも
環境によっては中国語メインになる場合もあるかもしれない国。

 

 

そういった環境に暮らす子供たちは
海外在住だからといって英語が学べる環境にあるとはかぎりません。

 

 

 

 

そんな非英語圏に在住の小学生たちが
LEARNie(ラーニー)で英語を学ぶメリットは計り知れません。

 

 

英語と日本語が両方学べる機会になりますから。

 

 

 

今まで日本語と英語両方が学べる
子供用オンライン英会話スクールなんてありませんでしたね!

 

 

 

たとえば、
英語だけならDMM英会話はアメリカやオーストラリアからの受講も多いそうです。
でも、英語だけですよね。

 

 

そして、意外にないのが
日本語が学べるオンラインスクール。

 

 

 

海外在住だと日本語をどのように子供に教えるのかというのは
大きな課題です。

 

 

現地の日本語補習校に通うという手段もありますが、
近くにない場合もあります。
そして、やっぱり送迎の問題もある。

 

 

 

もしも、英語と日本語両方が1つのスクールで学べたら??
それで、1か月6000円(税込)だったら安すぎるくらいです!!

 

 

 

日本語での会話ができるレベルの日本語力があれば
LEARNie(ラーニー)の授業で講師が話す日本語が理解できるはずです。

 

 

小学生相手の授業なので
日本語も難しすぎることはありません。

 

 

 

 

 

 


海外在住の小学生がLEARNie(ラーニー)で英語を学ぶ時のコツ

担任講師に

 

  • 海外在住であること
  • 日本語も伸ばしたいと考えていること
  • 英語と日本語の意味をリンクさせることを重視していること

 

 

これをまず伝えましょう。

 

 

 

 

小学3〜4年生以上であれば

子供がひらがなやカタカナが読めることがスムーズなレッスン受講には
必要不可欠だと思います。

 

 

 

LEARNie(ラーニー)の授業では
英語の例文を日本語にして意味を確認するところがあります。

 

 

 

そのときに、
日本語を伸ばしたい子供に日本語訳をお願いするように
講師がリードしてくれたりします。

 

 

 

英語の意味は分かるけど
日本語の単語がでてこない。

 

 

 

そんな海外在住の小学生でも
講師は日本語の意味、英語の意味を
日本語、英語を使って教えてくれるので

 

 

 

英語と日本語がどんどん伸びていきます。

 

 

 

これは正直かなりお得です。
LEARNie(ラーニー)1つで英語と日本語を話す機会が得られる。
日本語と英語が同時に学べる。

 

 

 

 

もちろん、LEARNie(ラーニー)は英語を学ぶオンライン英会話スクールなので
日本語のひらがなや漢字が学べるわけではありません。
あくまでも口語的な日本語を学ぶ機会になりますが、
それでも、このような機会はなかなかないのが実情です。

 

 

 

海外在住で
英語を学びながら、日本語も伸ばしたいのであれば
小学生向けオンライン英会話LEARNie(ラーニー)おすすめです。

 

 

 

【TOPページへ】

 

 

 

 

関連ページ

LEARNie(ラーニー)はタブレットかPCどっちがおすすめ?
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)のタブレットかPCどっちのデバイスがおすすめ?
小学生がLEARNie(ラーニー)で英語を学ぶ効果
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)で小学生が英語を学ぶ効果
小学生のLEARNie(ラーニー)の効果的な利用方法
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)の効果的な利用法
LEARNie(ラーニー)をおすすめする子供は?
小学生専用オンライン英会話LEARNie(ラーニー)がおすすめな子供や理由について
このページの先頭へ